浜崎ヒカルのブログ推理小説

ブログを利用して推理小説を書いています。 鉄道ミステリーが中心になります。

 10月21日の午後1時頃、高野内は、事件の捜査のため、鉄道警察隊の東京駅分駐所にいた。
 同じ分駐所内には、鉄道警察隊の桑田警部や、園町、鶴尾、奈々美のほか、警視庁捜査一課の佐田真由子警視と岡田俊一警部もいた。
「高野内君、岩崎は、どうやって、一昨年の10月29日の午前8時頃、岡山駅で、広塚貴明を殺害したあと、その日の13時35分に、新千歳空港へ行ったのかね?」
 と、桑田が言うと、
「8時14分発の新幹線『のぞみ4号』に乗ったら、間に合ったと思います」
 と、高野内は答えた。
 すると、桑田は、怪訝そうな顔で、
「高野内君、それじゃ、ますます松山空港から遠ざかってしまうではないか。それで、どうやって、松山空港を11時25分に出た飛行機に乗れたんだ?」
 と言った。
「それが間に合った可能性が出てきましたのです」
 と、高野内は強い口調で言った。
「どういうことだ?」
 と、桑田は、納得がいかなさそうな顔をした。
 すると、真由子が、
「高野内さん、説明を続けて」
 と言った。
「岡山駅を8時14分に出た『のぞみ4号』は、8時58分に、新大阪駅に着きます。新大阪駅で降りたあと、タクシーで伊丹空港へ行けば、9時55分に伊丹空港を出たANA443便、松山行きに、何とか間に合ったと思います。その便の飛行機に乗れば、10時45分に、松山空港に着きますから、11時25分発の新千歳空港行きのANA381便には乗り換えできたはずです」
 と、高野内は言った。
「なるほど、それなら、岩崎正信は、13時35分に新千歳空港まで行って、西井紳二を殺害することができたな」
 と、桑田は、頷きながら言った。
「しかし、それだと、その日の羽田空港を7時30分に出た新千歳行きのJAL530便の搭乗者名簿に岩崎正信の名前があったのが、謎のままだな」
 と、岡田は、納得がいかない顔で言った。
「共犯者が、岩崎正信の名前を使って、搭乗したことは考えられませんか」
 と、高野内は言った。
「共犯者? 誰だろうか?」
 と、岡田が言うと、
「黒坂由利が、岩崎正信に成りすまして、羽田発新千歳行きのJAL503便に搭乗したのだと、私は思います」
 と、高野内は、自信ありそうに言った。
 すると、桑田は、
「おいおい、高野内君。黒坂由利は女性だぞ。岩崎正信という男の名前を使って搭乗しようとしたら、係員に怪しまれるだろう。いくらなんでも、無理がありすぎるよ」
 と、苦笑しながら言った。
「黒坂由利が、男装して、岩崎正信の名前で搭乗したことは考えられませんか?」
 と、高野内は言った。
「男装か?」
 と、桑田が聞き返すと、
「はい。黒坂由利は、今は、セミロングヘアーですが、過去にボーイッシュなショートヘアーにしていた時期があったことがわかりました」
 と、高野内は、説明するように言った。
 すると、今度は、園町が、
「そういえば、八王子の室野祐治が住んでいたアパートの部屋に、ショートヘアーの黒坂由利の写真がありましたね。もしかすると、それは、単なるイメージチェンジではなく、男装するのに都合がいいから、ショートヘアーにしていたのですか?」
 と、入念そうに言った。
「俺は、そう思うんだ」
 と、高野内は、はっきりした口調で言った。
「なるほどね」
 と、真由子は微笑したあと、
「高野内さん、一昨年の10月29日に、岩崎正信が13時35分に新千歳空港に行った方法はわかったけど、岩崎は、その日の18時20分に、層雲峡リゾートホテルにチェックインしていたのよ。それと、その日、黒坂由利は、19時頃、南宮崎駅の近くのホテルにチェックインしていたわ」
 と言った。
 それに続いて、岡田が、
「だから、まだアリバイが崩せたとはいえないよ」
 と言った。
「岩崎正信が、西井紳二を殺害後、どうやって、18時20分に、層雲峡リゾートホテルに行くことができたかと、黒坂由利が、岩崎正信に成りすまして、新千歳空港へ行ったあと、どうやって、19時頃、南宮崎駅近くのホテルにチェックインできたかが、まだ謎だな」
 と、桑田は、真剣そうな表情で言った。
「新千歳空港駅から列車で行って、間に合いますかね?」
 と、園町が言うと、高野内は、時刻表を見ながら、
「13時49分発の快速『エアポート137号』に乗れたとしても、札幌に着いたのが、14時25分です。そのあと、札幌を14時30分に出た特急『スーパーカムイ23号』に乗れたとしても、旭川駅に着いたのが15時50分になりますね」
 と、説明するように言った。
「旭川駅から層雲峡までのバスはあるのか?」
 と、桑田が聞くと、高野内は、
「16時35分発の層雲峡行きのバスがありましたが、それは、層雲峡に着くのは18時25分ですから、18時20分に、ホテルにチェックインするのは不可能です。その前の便は、15時45分発なので、もちろん、間に合いません」
 と、残念そうに言った。
「これじゃ、アリバイ崩しも中途半端なままだな」
 と、桑田は、不満そうな顔で言った。
「そうですが、作られたアリバイである限り、崩す方法はあると、私は確信しています。必ず、アリバイを崩します!」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。

 10月21日の正午頃、高野内は、鉄道警察隊の東京駅分駐所にいた。
 そのとき、分駐所には、同じ鉄道警察隊の桑田警部や、園町、鶴尾、奈々美もいたほか、捜査一課の佐田真由子警視と岡田俊一警部もいた。
 分駐所内では、捜査のための話し合いが行われていて、高野内は、岩崎正信のアリバイを崩すために、時刻表をめくって、調べていた。
 高野内は、岩崎正信が、2011年10月28日の夜に、東京駅のターミナルホテルをチェックインしたあと、ホテルを抜け出して、広塚貴明を殺害するために、翌29日の午前8時までに、岡山駅まで移動した方法を捜していて、岩崎が、東京駅で乗ったと思われる高速バスを見つけたばかりだった。
「岩崎正信は、どの高速バスに乗ったというの?」
 と、真由子が、怪訝そうな顔をすると、
「23時30分に、東京駅を出発した高速バスの『知多シーガル号』を使えば、午前8時までに、岡山駅まで行くことが可能です」
 と、高野内は、はっきりとした口調で答えた。
「どこ行きのバスなの?」
 と、真由子が聞くと、
「行き先は、愛知県の知多半田駅ですが、翌朝に、途中、名鉄の知立駅と東海道本線の刈谷駅に止まります」
 と、高野内は答えた。
「知立と刈谷には、何時何分に着くダイヤなの?」
 と、真由子が、また聞くと、
「知立には朝の5時ちょうど、刈谷には5時15分に着くダイヤでした」
 と、高野内は、時刻表を確認しながら答えた。
 それを聞いた岡田は、
「つまり、岩崎正信は、高速バス『知多シーガル号』で、刈谷まで行き、東海道本線に乗り換えて、名古屋まで行き、新幹線で岡山へ行って、広塚貴明を殺害したということだな? 高野内さん」
 と、念入りに確認するように言った。
「そうです」
 と、高野内は答えたあと、
「刈谷駅で『知多シーガル号』から降りたあとは、5時38分発の大垣行きの下り普通列車に乗れば、6時06分に、名古屋駅に着きます。名古屋から、6時20分発の『のぞみ95号』に乗れば、7時56分に、岡山駅に着きます」
 と、はっきりとした口調で言った。
「じゃあ、ぎりぎりだけど、広塚貴明の死亡推定時刻には間に合うわね」
 と、真由子は、微笑しながら言った。
 今度は、桑田が、
「これで、岩崎正信が、広塚貴明殺害時刻までに、何とか岡山駅まで行けた方法があったことはわかったが、そのあと、どうやって新千歳空港まで行って、西井紳二を殺害したと、考えているんだね? 高野内君」
 と言った。
「それについては、まだわかりませんが、岩崎は、広塚貴明殺害後、その日の13時35分に、新千歳空港に着いた飛行機に乗ったのは間違いないと、私は思います。ですから、それについても、時刻表で調べてみます」
 と、高野内は、自信ありそうに言った。
 すると、今度は、岡田が、
「高野内さん、さっきも言ったけど、その日の羽田発の新千歳着13時35分の飛行機には、岩崎は乗れなかったことがわかっているんだよ」
 と、否定的な言い方をした。
「そうですが、羽田空港以外にも、新千歳空港へ向かう飛行機はあったはずです。そのなかにも、新千歳に13時35分に着いたのがあったかどうか、調べてみます」
 と、高野内は言った。
 そして、高野内は、時刻表のページをめくりながら、
「あっ!」
 と、大きな声を出した。
「どうしたんだ? 高野内君」
 と、桑田が高野内のほうを向くと、
「松山空港を11時25分に出たANA381便なら、新千歳空港に13時35分に着くようになっていました」
 と、高野内は、やや大きな声で言った。
 すると、今度は、園町が、
「高野内さん、それ、岡山県警の安原警部も言っていましたけど、岩崎は、その日のその便には間に合わなかったはずなのですが」
 と言った。
「そうだったな」
 と、高野内は、肩を落とした。
「しっかりしてくれよ」
 と、桑田は、あきれ顔で言った。
 すると、今度は、鶴尾が、
「岩崎が、広塚を、岡山駅で殺害したのが8時頃だとしたら、そのあと、どうやって、13時35分に、新千歳空港へ行ったのでしょうか?」
 と言うと、高野内は、
「岡山を8時32分に出発していた特急『しおかぜ3号』だと、松山駅に着くのが11時14分だから、到底間に合わない。だが、別の方法で松山空港へ行けたかどうかは、調べてみる必要がありそうだな」
 と、はっきりとした口調で言った。
 そして、またページをめくりながら、
「あっ!」
 と、再び大きな声を出した。
「高野内君、岩崎正信のアリバイは崩せそうかね?」
 と、桑田が言うと、
「はい。その可能性が高くなってきました」
 と、高野内は、嬉しそうな顔で答えた。

 10月21日の午前11時頃、高野内は、鉄道警察隊の東京駅分駐所にいた。
 分駐所内には、同じ鉄道警察隊の桑田警部や、園町、鶴尾、奈々美もいたほか、捜査一課の佐田真由子警視と岡田俊一警部もいた。
 高野内は、2011年の時刻表をページをめくっていた。
 2011年10月29日に、岡山駅と新千歳空港で起きた殺人事件の容疑者のアリバイを崩せないか、検証するためである。
「岡山駅で、午前7時から8時の間に、広塚を殺害するためには、東京駅を6時ちょうどに出発した『のぞみ1号』では、9時12分着になるので、犯行時刻には到底間に合いません。
 新幹線で岡山に向かった場合、その日の新幹線で犯行時刻に岡山に着くためには、名古屋駅を6時20分に出発した『のぞみ95号』でないと、8時までに岡山に着くのは無理ですね」
 と、高野内は、時刻表を見ながら言った。
「岩崎正信は、10月28日の23時20分に、東京駅のターミナルホテルにチェックインしていたから、奴がホシだとすると、そのあと、どうやって、午前8時までに岡山駅まで行ったのかが、まだ謎のままなんだ」
 と、岡田は、残念そうな顔をした。
「夜行高速バスのドリーム号も乗ることができなかったのでしょう」
 と、今度は、鶴尾が言った。
 すると、岡田は、
「そうなんだ。10月29日の6時20分に名古屋駅を出発した新幹線に乗るためには、遅くとも、10月28日の23時20分に東京駅を出発した『ドリームなごや3号』に乗る必要があるんだ。
 でも、その夜のその時間は、岩崎は、ターミナルホテルにチェックインしていたことがわかっているし、そのあとの23時40分に東京駅を出発する『ドリームなごや5号』では、名古屋駅着が、翌朝の6時20分になってしまうから、間に合わないんだよ。
 それに、第一、その夜の『ドリームなごや3号』は、予約者に岩崎という苗字はなかったし、偽名で乗った人もいなかったんだ」
 と、はっきりした口調で答えた。
「じゃあ、アリバイ成立ですね」
 と、鶴尾は、残念そうな顔で言った。
 すると、今度は、真由子が、
「でも、鉄道警察隊のみなさんも、岩崎正信がホシだと確信しているのでしょう」
 と、やや強い口調で言うと、
「そうですけど、私たちも、まだアリバイ崩しができていません」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。
 それに続いて、
「それと、『新千歳空港着13時35分』というメモ書きの件も、気になりますね」
 と、園町が言った。
「13時35分に新千歳空港に着く、羽田発12時ちょうど発の飛行機のことだな」
 と、高野内は、園町のほうを向いて言った。
「新千歳空港で殺害された西井紳二は、そういうメモを持っていたそうですね。
 岩崎が、その羽田発新千歳空港行きに乗っていたとすると、岡山駅で広塚貴明を殺害後、どうやって、羽田から出たその飛行機に間に合ったかも、調べてみる必要がありますね」
 と、園町は言った。
「そうだな。先に、それを調べてみようか」
 と、高野内は言いながら、時刻表のページをめくった。
 そして、数分後、
「岡山駅で広塚を殺害後、8時14分発の上り新幹線『のぞみ4号』に乗れば、新大阪駅に8時58分に着くことができます。新大阪駅からタクシーで伊丹空港に行けば、10時ちょうど発のANA20便に乗れた可能性があります。
 その飛行機は、羽田行きで、羽田空港には11時10分に着いていました。
 ですから、その飛行機で羽田まで行けば、12時ちょうど発の新千歳空港行きに乗ることができたはずです」
 と、高野内は、説明するように言った。
 すると、今度は、岡田が、
「高野内さん、それは、捜査一課の捜査員も調べたが、その日のANA20便は、搭乗者に岩崎という苗字はなかったし、偽名で搭乗した人は1人もいなかったんだ」
 と、残念そうな顔で言った。
「そうでしたね。忘れていました」
 と、高野内は肩を落とすような言い方をした。
「それに、事件の前日の23時20分に、東京駅のターミナルホテルにチェックインしたあと、どうやって翌朝8時までに、岡山駅へ行って、広塚を殺害したのかが、まだ謎のままよ」
 と、真由子は言った。
「そうですね」
 と、高野内は言ったあと、時刻表に眼を向けた。
「ほかに、東京駅を出た高速バスは…」
 と、高野内は、時刻表のページをめくりながら、独り言を言った。
 そして、しばらくすると、
「あっ! もしかすると」
 と、高野内は、大きな声を出した。
「高野内さん、岩崎正信のアリバイが崩せるの?」
 と、真由子が言うと、
「少し待ってください」
 と、高野内は言いながら、さらに時刻表のページをめくった。
 それから少し経つと、
「岩崎が、岡山駅へ移動した方法はわかりました」
 と、嬉しそうな表情で言った。
「本当に?」
 と、真由子は少し驚いたような表情で言った。
「おそらく、岩崎正信は、事件の前日に、東京駅のターミナルホテルにチェックインしたあと、ホテルから抜け出して、高速バスに乗ったのですよ」
 と、高野内は、自信ありそうな言い方をした。
「高野内さん、岩崎は、その夜の『ドリームなごや』には乗れなかったということはわかっているのだよ」
 と、今度は、岡田が不思議そうな顔をした。
 すると、高野内は、
「確かに、岩崎は、『ドリームなごや』には乗れませんが、1本だけ、利用可能な高速バスが見つかりました」
 と言った。

↑このページのトップヘ