浜崎ヒカルのブログ推理小説

ブログを利用して推理小説を書いています。 鉄道ミステリーが中心になります。

 10月20日の正午頃、高野内と園町は、東京駅分駐所に戻った。
 桑田警部が、
「高野内君、園町君、何か進展はあったかね」
 と、期待したような顔をすると、
「昼食後、八王子にある室野祐治のアパートに行ってみたいと思います」
 と、高野内は言った。
「室野祐治って、美ヶ原で殺された人物だろ。何か関係あるのかね?」
 と、桑田は、怪訝そうな顔をした。
「黒坂由利は、室野祐治からストーカー行為をされていたことがわかりました」
 と、高野内は、強い口調で答えた。
「じゃあ、室野祐治が殺された件に、安心感を覚えているかもしれないな」
 と、桑田が言うと、
「間違いなく、黒坂由利は、室野が亡くなって、ほっとしているでしょう」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。
「で、高野内君は、八王子の室野のアパートに、何か手掛かりがあると、考えているのかね?」
 と、桑田は、入念そうに言った。
「そうです」
 と、高野内は答えた。
「しかし、現時点では、室野が黒坂由利にストーカーをしていた件と、8日に、『のぞみ218号』で、早崎裕允が殺害された件との関連性が見出せないのだが」
 と、桑田が納得いかなさそうな顔をすると、
「ですから、室野について、いろいろ調べてみたいと思います」
 と、高野内は、真剣そうな表情で言った。
「そうか。じゃあ、行って、調べてきたまえ」
 と、桑田は言ったあと、
「俺は、室野祐治が殺害された日時について、あとで長野県警に問い合わせて、確認してみるよ」
 と言った。
 そして、高野内と園町は、分駐所で昼食を済ませたあと、覆面車に乗った。
 運転するのは、高野内である。
 高野内運転の覆面車は、首都高速道路を通り、途中で、中央自動車道に入った。
 そして、八王子市に入ると、八王子第1出口で、高速道路から出た。
 それから、一般道を走り、八王子市内のある住宅街に入った。
 しばらくすると、2階建ての古い感じのアパートが見えた。
 高野内は、覆面車をアパートの前に止めて、高野内と園町は、車から降りた。
 そして、アパートのある部屋に向かった。
 その部屋のドアには、『室野』という表札があった。
 ドアは施錠されていたので、園町が、携帯電話で、管理する不動産会社に電話し、管理人に来て開けてもらうことにした。
 午後2時過ぎ、60歳くらいの男性が来た。管理人のようである。
 高野内が、警察手帳を見せると、管理人は、マスターキーでドアの鍵を開錠した。
 そのとき、管理人は、
「この部屋は、こないだも、警察の方が捜査のために来られましたね」
 と言った。
「どんな方でしたか?」
 と、高野内が聞くと、
「女性の警視と男性の警部で、2人とも、あなた方よりも若かったですよ」
 と、管理人は、はっきりとした言い方で答えた。
「そうでしたか」
 と、高野内は、微笑しながら言った。
「もしかすると…」
 と、園町は、高野内のほうを向いて言うと、
「間違いなく、あの2人だな」
 と、高野内は言った。
 高野内は、手袋をはめた手で、開錠されたドアを開けた。
 そして、玄関から中に入った。
 すると、高野内たちには、驚くような光景が目に入った。
 部屋の壁面中、黒坂由利が写っている写真が貼られているのである。
 ほとんどの写真が大きく引き伸ばされていて、業務中に撮影されたと思われるナース服姿の写真や、それ以外のときに撮影されたであろう私服姿まで、様々な写真で壁面が埋め尽くされていた。
 また、写真をよく見ると、どの写真にも、隅のほうに日付が入っていた。
「かなり常習性の高いストーカー犯だったようだな」
 高野内は、呆れた顔で言った。
 壁面に貼られた黒坂由利の写真を見ると、大半の写真はセミロングヘアだが、一部、ボーイッシュなショートヘアーの写真もあった。
「こうしてみると、ヘアスタイルが様々ですね」
 園町は、興味深そうに言った。
「3年間のうちに、何かあって、イメージチェンジしたんだろうな」
 高野内は、写真を眺めながら答えた。
 そのあと、壁面に貼られた写真の何枚かを、スマートフォンのカメラで撮影した。
「そこまで執拗に激しいことをされたら、黒坂由利も、室野祐治に対して、殺意を抱いても、不思議ではありませんね」
 園町は、真剣そうな表情で言った。
「園町も、そう思うか」
 高野内は、微笑しながら言ったあと、
「長野県の美ケ原で室野祐治が殺害された件と、新幹線『のぞみ218号』の車内で早崎裕允が殺害された件との関連が徐々にだが、見えてきた気がする」
 と、はっきりとした口調で言った。
 そして、高野内と園町は、管理人に礼を言って、覆面車で東京駅分駐所に戻った。

 10月20日は日曜日だった。
 高野内は、朝7時頃、東京駅分駐序に出勤した。
 既に、桑田警部が出勤していた。
 まもなく、園町、鶴尾、奈々美も出勤してきた。
「警部、今日も、園町と一緒に、黒坂由利が勤めるI病院に行ってみようと思います」
 と、高野内が言うと、
「今日は日曜日だぞ」
 と、桑田は言った。
 すると、
「そうですけど、出勤している職員はいますから、何か聞けると思います」
 と、高野内は言った。
「そうだな。じゃあ、聞き込みに行って、調べてみてくれ」
 と、桑田警部は言った。
 そして、高野内と園町は、覆面車で大田区のI病院に向かった。運転するのは高野内である。
 午前9時過ぎ、高野内が運転する覆面車は、I病院に到着した。
 高野内と園町は、覆面車から降りると、病院の建物に入り、スタッフステーションへ行った。
 そして、女性の看護師の一人に警察手帳を見せて、
「鉄道警察隊ですが、黒坂由利さんはおられますかね」
 と、高野内は聞いた。
 すると、40歳くらいにみえる、その女性看護師は、
「今日は、黒坂は休みです」
 と答えた。
「そうですか」
 と、高野内は言ったあと、
「黒坂さんやその周辺で、最近、何か変わったこととかはありませんでしたか?」
 と、看護師の眼を見ながら言った。
 すると、看護師は、
「そうですね」
 と言ったあと、何かを思い出したような表情で、
「実は、黒坂さんにつきまとう男がいて、うちの病院の業務にも支障をきたすことがあって、困っていたのです」
 と言った。
「その男は、黒坂さんとはどういう関係の人ですか?」
 と、高野内が聞くと、
「うちの元患者です」
 と、看護師は、はっきりとした口調で答えた。
「患者だったのですか?」
 と、高野内が確認するように聞き返すと、
「そうです」
 と、看護師は言った。
「その男の名前、教えてもらえますか?」
 と、高野内が聞くと、
「ちょっとお待ちください。確認してきますので」
 と、看護師は言ったあと、いったん、高野内たちの前から去った。
 それから数分後、その看護師は、再び、高野内たちの前に戻ってきた。
 そして、高野内の顔を見ながら、
「刑事さん、黒坂さんにつきまとっていた男の名前は、室野祐治です」
 と言い、1枚のメモを高野内に渡した。
 そのメモには、
『室野祐治』
 と書かれていた。
 すると、園町が、
「高野内さん、室野祐治って、長野県の美ヶ原で殺された男と同一人物でしょうか?」
 と言った。
「その可能性もあるな」
 と、高野内は答えたあと、看護師の顔を見ながら、
「室野という男は、元患者でしたね」
 と、入念そうに言った。
「そうです」
 と、看護師が答えると、
「室野は、どういう病気でおたくの病院に来たのですか?」
 と、高野内は聞いた。
「3年ほど前に、怪我で救急搬送されて、うちの病院に来たのです。そのとき、黒坂さんが、その男の手当てとかをしたのです」
 と、看護師ははっきりとした口調で答えた。
「入院期間はどれくらいでしたか?」
 と、高野内が聞くと、
「救急搬送された患者にしては軽傷でしたので、その日のうちに帰宅してもらいました」
 と、看護師は言った。
「じゃあ、室野が、黒坂さんにつきまとうようになったのは、それ以降ですか?」
 と、高野内は、入念に聞いた。
「そうです」
 と、看護師は答えたあと、
「室野が搬送された翌日以降、しょっちゅううちの病院に、黒坂さんに会わせてほしいとか、勤務シフトを教えてほしいとか、住所や電話番号を教えてほしいとか、そういう電話が頻繁にかかってくるようになったのですよ」
 と、不快そうな顔で言った。
「完全にストーカー行為ですね」
 と、高野内は言ったあと、
「所轄の警察には相談に行かれましたか?」
 と聞いた。
「警察に行ったと思いますよ」
 と、看護師は答えた。
「どちらの警察署ですか?」
 と、高野内が言うと、
「多分、大井町警察署です」
 と、看護師は答えた。
「わかりました」
 そして、高野内たちは、看護師に礼を言って、I病院をあとにして、覆面車で大田区にある大井町警察署へ向かった。
 10時半頃、高野内と園町は、大井町警察署に到着した。
 覆面車から降りると、警察署の建物に入り、入り口付近にいた制服警官に、警察手帳を見せて、用件を伝えた。
 しばらくすると、スーツ姿の男が1人、高野内たちのそばに来た。男の年齢は50歳前後に見えた。
「鉄道警察隊の高野内さんでしょうか?」
 と、男が確認するように言うと、
「そうですが」
 と、高野内は言った。
 すると、その男は、
「私は、大井町署刑事課の平岡(ヒラオカ)といいます」
 と、警察手帳を見せながら、名乗った。
 階級は警部補だった。
「黒坂由利さんの件で、確認したいことがあるのですが」
 と、高野内が言うと、
「それは、どのようなことかな?」
 と、平岡警部補は聞き返した。
「黒坂由利は、室野祐治という男から、ストーカー行為をされていたと聞いたのですが、その件での相談はありましたか」
 と、高野内は、入念そうに聞いた。
「ええ。何度もあったよ」
 と、平岡警部補は答えたあと、
「室野祐治という男は、ストーカーの常習犯のようだからね。うちの署からも、そいつに禁止命令を出したよ。まあ、それでも懲りてないようだけど」
 と、呆れたような言った。
「その室野という男は、長野県の美ヶ原で殺されたのですね」
 と、高野内が言うと、
「そうだけど、その件は、うちの署は関係ないよ」
 と、平岡は言ったあと、
「まあ、その男は殺されても、同情できないけどね」
 と言った。
「あとで、室野祐治の自宅に行ってみたいと思います。室野祐治の住所とかはご存じですよね」
 と、高野内が言うと、平岡は、
「ちょっと待ってくれ」
 と言ったあと、いったん、高野内たちの前から去った。
 そして、数分後、高野内たちのそばに戻ると、
「室野の住所は、東京都八王子市…」
 と、高野内たちに、室野祐治の住所を言った。
 室野の住所は、八王子市内にあるアパートのようだ。 
「高野内さんは、室野の自宅アパートに、何か捜査の手掛かりがあると考えているのかな?」
 と、平岡が聞くと、
「まだわかりませんが、何かありそうな気がするのです」
 と、高野内は答えた。
 そして、高野内と園町は、平岡警部補に、礼を言って、大井町署をあとにした。

 10月19日の午後2時頃、高野内、園町、鶴尾、奈々美、それに、桑田警部は、東京駅分駐所にいた。
 そのとき、事件の捜査に関する話し合いが行われていた。
 時計の針が、2時15分を指して間もない頃、分駐所の電話が鳴った。
「はい。鉄道警察隊東京駅分駐所です」
 と、桑田は電話に出た。
 それから、5分ほど話したあと、
「わかりました。ありがとうございました」
 と言って、電話を切った。
 桑田は、電話を切ると、高野内のほうに顔を向けながら、
「さっきの電話は、大阪府警からだが、黒坂由利は、10月8日の午前8時50分頃、新大阪駅東口の近くにあるホテルをチェックアウトしているそうだ。ホテルの従業員も覚えていたし、控えもあるそうだ」
 と言った。
「そのあと、本当に京都へ行ったのでしょうか?」
 と、高野内が言うと、
「それは、京都府警にも調べてもらうようにお願いしている」
 と、桑田は答えた。
 それから、10分ほど経ってから、再び分駐所の電話が鳴った。
 また桑田が電話に出た。
 そして、電話で何か話をしていた途中に、
「黒坂由利のことをおぼえていた人がいたのですね」
 と、念入りに確認するように言った。
 そのあとも数分、何かを話したあと、
「どうもありがとうございました」
 と言って、電話を切った。
 電話を切ったあと、桑田は、高野内のほうを向いて、
「さっきの電話は、京都府警からだ。黒坂由利が京都にいたと主張している件だが、11時半前後、黒坂由利は、京都タワーの1階にある土産店や和洋菓子店、漬物店などで買い物をしていたことがわかった。店員の何人かが、黒坂由利の顔をおぼえていたそうだ」
 と言った。
「警部、肝心な午前10時前後、黒坂由利は、何をしていたのでしょうか?」
 と、高野内が聞くと、
「京都府警が調べた範囲では、その時刻の前後に、黒坂由利を見たという人物は見つかっていないそうだ。だが、京都府警の話によると、黒坂は、その時刻には京都タワーにいたと主張しているんだ。それを証明する人はまだ誰一人いないそうだけどな」
 と、桑田は答えた。
 それに続いて、桑田は、
「あと、新幹線『のぞみ224号』の車掌と車内販売員が、黒坂由利をおぼえていたそうだ」
 と言った。
 すると、高野内は、時刻表を出して、ページをめくりながら、
「『のぞみ224号』は、京都発が12時6分ですから、黒坂由利が、その新幹線列車に京都で乗ったとしたら、俺と園町が、I病院で黒坂由利から直接聞いた、12時頃まで京都にいたという発言内容に矛盾はないですね」
 と、説明するように言った。
 すると、今度は、園町が、
「でも、肝心な10時前後に、黒坂由利を見たという人が誰もいないことと、京都で黒坂をおぼえている人たちが、京都駅の向かいにある京都タワーの店の店員のみなのも気になりますね」
 と言った。
 それを聞いた桑田は、
「俺も、黒坂由利は疑わしいと思うよ。でも、まだそれだけでは、黒坂をホシだと断定するのも、逮捕するのも難しいぞ!」
 とやや強い口調で言った。
 そうしているうちに、時計の針は、午後3時に近づいていた。
 捜査のための話し合いは、まだ続いていた。
「黒坂由利が新幹線『のぞみ218号』の車内で早崎裕允を殺害したとすれば、黒坂は、岩崎正信の指示で殺害を実行したことになりますが、そういう殺人の依頼を簡単に引き受けますかね?」
 高野内は、不思議そうな表情で言った。
 すると、園町は、
「高野内さん、どういうことですか? 実行犯として考えられるのは、注射ができる人物で、看護師の黒坂由利の可能性が高いと言ったではありませんか」
 と、少し驚いたような表情をした。
「そうだけど、何の見返りもなく、岩崎の指示で実行したとは思えないんだ」
 高野内は、真剣そうな表情で言った。
「見返りですか?」
 と、今度は、鶴尾が言った。
「ああ、そうだ」
 と、高野内は言った。
「多額のカネですかね?」
 と、鶴尾が言うと、
「それはまだわからん。カネかもしれないし、岩崎のほうも、黒坂由利のために何かとんでもないことをやっているかもしれない」
 と、高野内は答えた。
「岩崎が、黒坂のためにやるとしたら、何が考えられるかね?」
 と、今度は、桑田が言った。
 すると、高野内は、
「まだわかりませんし、何の見当もつかないのですが、黒坂由利について、もっと調べてみる必要があると思っています」
 と言った。
「わかった。高野内と園町は、黒坂由利に何か変わったことがなかったかどうか、調べてみてくれ」
 と、桑田は言った。
「では、また明日、調べに行きたいと思います」
 と、高野内は言った。
 そして、夕方、高野内たちは退勤した。

↑このページのトップヘ