浜崎ヒカルのブログ推理小説

ブログを利用して推理小説を書いています。 鉄道ミステリーが中心になります。

 10月21日の午前10時頃、高野内は、東京駅分駐所で、時刻表のページをめくっていた。
 その時刻表は、2011年10月号である。
 今までの捜査内容から、岡山駅で広塚貴明が殺害されたのは、2011年10月29日で、死亡推定時刻は午前7時から8時の間だと、高野内もわかっている。
 そして、新千歳空港で、西井紳二が殺害されたのも、同じ2011年10月29日で、死亡推定時刻は午後1時(13時)から午後2時(14時)の間だった。
 事件の前日10月28日の夜、岩崎正信は、特急『スーパーあずさ36号』で上京し、八重洲の東京ターミナルホテルにチェックインしていたことがわかっている。
 東京ターミナルホテルにチェックインした時刻は23時20分だった。
 問題は、そのあとである。
 岩崎正信が主張したアリバイは、翌日29日の7時30分に、羽田空港を出発したJAL503便に搭乗していたというのだ。
 しかも、その日、その便の飛行機の搭乗者名簿に、岩崎正信の名前があり、予約者数と実際の搭乗者の数は1人も違わないことがわかっている。
 つまり、そのために、岡山駅での広塚殺害の件については、岩崎のアリバイが成立してしまう。
「高野内さん、岡山駅での件については、岩崎が直接の犯行ではなく、共犯者が殺害を実行したということは考えられませんか?」
 と、奈々美が言った。
「もし、そうだとしたら、誰が共犯を引き受けたんだ?」
 と、高野内が聞き返すと、
「それは、まだわかりませんけど、黒坂由利が、岩崎正信のアリバイ作りのために、何か協力をしていそうな感じがするのです」
 と、奈々美は答えた。
「なんとなく、そんな感じがするか…」
 と、高野内は言ったあと、突然、表情を変えながら、
「桜田の言ったことも一理あるかもしれないな」
 と、嬉しそうな顔をした。
 すると、今度は、鶴尾が、
「黒坂由利が共犯だとすれば、どのような協力をしたのでしょうか?」
 と言った。
「それについて、検証してみようじゃないか!」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。
「岡山駅で広塚貴明が殺されたのが、2011年の10月29日ですから、殺害の犯行時の黒坂由利のアリバイについて、調べてみる必要がありそうですね」
 と、今度は、園町が言った。
「そうだな。死亡推定時刻は午前7時から8時の間だから、その日時、黒坂由利が、どこで何をしていたか、調べてみよう」
 と、高野内は言った。
 すると、桑田警部は、
「高野内君、広塚貴明は殺害されて2年近く経っているんだよ。本気で、今さら、容疑者のアリバイ検証なんて、できるのかね?」
 と、困惑した表情で言った。
「やってみたいと思います」
 と、高野内は言った。
 そのとき、時計の針は10時20分に近づいていた。
 それから間もなく、
「捜査のほうは進んでいるかしら」
 と、聞き覚えのある女性の声が聞こえた。
 振り向くと、佐田真由子警視がいた。
 岡田俊一警部も一緒だった。
「高野内君が、2011年10月29日の黒坂由利のアリバイを検証したいと言っているのですよ」
 と、桑田が、真由子のほうを向いて言った。
 すると、真由子は、
「そのときは、本庁の捜査員も、黒坂由利について調べたのだけど、彼女は、2年前の10月29日は、新幹線と在来線特急とを乗り継いで、九州に旅行に行っていたと主張していたわ」
 と言った。
「九州にですか?」
 と、桑田は、軽く驚くような表情をした。
 今度は、高野内が、
「一昨年の10月29日の黒坂由利のアリバイについて、詳しく説明してもらえませんか?」
 と言うと、真由子は、
「いいわよ」
 と答えたあと、
「その日、黒坂由利は、大井町のアパートを朝の6時30分頃に出発して、京浜東北線で品川駅まで行き、品川から、7時17分発の新幹線『のぞみ9号』に小倉まで乗ったと言っていたそうよ」
 と、説明するように言った。
「小倉から、在来線の特急に乗ったのですか?」
 と、今度は、鶴尾が確認するように言った。
「彼女のアリバイ主張だと、そのとおりよ」
 と、真由子は答えたあと、
「彼女の主張だと、小倉で新幹線『のぞみ9号』から降りたあと、小倉を12時09分に出発した特急『ソニック19号』に、大分まで乗ったそうよ」
 と、説明を続けた。
「大分からは、どのような行動をしたのですか?」
 と、今度は、奈々美が聞いた。
「昼食後、大分を15時06分に発車した特急『にちりん17号』に南宮崎駅まで乗ったと、主張していたそうよ」
 と、真由子は答えた。
 そして、真由子は、ホワイトボードに、
『新幹線のぞみ9号 品川発7時17分 小倉着11時56分
 特急ソニック19号 小倉発12時09分 大分着13時36分
 特急にちりん17号 大分発15時06分 南宮崎着18時40分』
 と、記入した。
「南宮崎に着いたあとは、どこで何をしていたのでしょうかね?」
 と、高野内が聞くと、
「夜の7時頃、南宮崎駅前にあるホテルにチェックインしていたわ。ホテルにチェックインの記録が残っていたし、ホテルのスタッフからの証言も得られたそうよ」
 と、真由子は答えた。
「それでは、黒坂由利は、その日に、岡山駅で広塚貴明を殺害することは無理ですね」
 と、高野内は、残念そうな顔で言った。
「そうなのよ」
 と、真由子は言ったあと、
「高野内さん、一昨年の岡山駅と新千歳空港で起きた事件のアリバイ、崩せないかしら?」
 と、高野内の眼を見ながら言った。
「検証してみたいと思います」
 と、高野内はうなずきながら言った。

 10月21日の朝、高野内は、東京駅分駐所に出勤した。
 桑田警部がいたほか、前後して、園町、鶴尾、奈々美も出勤してきた。
「高野内君、昨日、八王子の室野が住んでいたアパートで、何か事件解決への手掛かりは見つけられたかね?」
 と、桑田警部が聞くと、
「美ケ原で室野が殺害された件と、新幹線『のぞみ218号』の車内で早崎が殺害された件は、関連があると、私は、ますます確信しました」
 と、高野内は、はっきりとした口調で答えた。
 すると、桑田警部は、不思議そうな顔で、
「しかし、長野県警から聞いた情報だと、室野が殺害された時刻は、8日の午前7時から8時の間で、その日のその時間、黒坂由利には犯行は無理だというアリバイもあるんだぞ」
 と言った。
「そうですけど、室野殺害の件は、間違いなく、黒坂由利が関係しています」
 と、高野内は言った。
「だから、どういうことかね? 高野内君」
 と、桑田警部は、怪訝そうな顔をすると、高野内は、
「確かに、室野が美ケ原で殺害された時刻、黒坂由利には、新大阪駅付近のホテルにいたというアリバイがあり、黒坂由利が室野を直接殺害することは不可能です」
 と言った。
「そうだろう。高野内君、いったい何を言おうとしているのかね?」
 と、桑田警部が、不思議そうな顔をすると、高野内は、
「室野が殺されたことで最も利する人物は、黒坂由利で間違いありません。しかし、さっきも言ったとおり、黒坂由利には、室野を直接殺害することはできません」
 と、説明するような言い方で答えた。
 それを聞いた園町が、
「高野内さん、まさか、それって…」
 と言いかけたところで、高野内が、
「園町もわかったか!」
 と言うと、
「交換殺人ですか!」
 と、少し驚いたように言った。
 すると、桑田警部は、
「そういうことか。高野内君、詳しく説明をしてくれ」
 と言った。
「我々は、新幹線『のぞみ218号』の車内で、早崎が殺害された件は、てっきり岩崎正信の犯行だと思い込んでいました。
 しかし、捜査を進めていくうちに、殺害時刻には、岩崎には、中央本線の特急『あずさ10号』に乗っていたというアリバイが成立していたことがわかり、なかなか捜査が進展しませんでした。
 ですが、岩崎が殺害のターゲットとしている早崎を、黒坂由利に殺害させて、その見返りに、岩崎は、黒坂が殺害したがっている室野を殺害したと考えれば、謎は解けてきます」
 と、高野内は、自信たっぷりな言い方をした。
 今度は、それを聞いた鶴尾が、
「なるほど! 岩崎正信は、早崎殺害の件については、アリバイが成立していましたけど、室野殺害の件については、アリバイはありませんね」
 と、納得したように言った。
 すると、高野内は、
「そのとおりだよ。逆に、黒坂由利は、室野殺害の件については、アリバイはあるが、早崎殺害の件では、アリバイはあるとはいえないし、殺害方法からも、黒坂の犯行に間違いないよ」
 と、はっきりとした口調で言った。
「これで、2件の殺人は、どちらとも、ホシのアリバイは崩れたな」
 と、桑田警部は、嬉しそうな顔で言った。
「しかし、まだ解けていない謎も残っています」
 と、高野内は言った。
「何だね? 高野内君」
 と、桑田警部が聞くと、
「一昨年の新千歳空港と岡山駅での事件です」
 と、高野内は答えた。
「そうか。まだそれらの件のアリバイは成立したままだったな」
 と、桑田警部は言った。
「そうです。一昨年の2つの殺人事件と、新幹線『のぞみ218号』での事件、それに、美ケ原での事件は、すべて関連があると、私は思います」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。
「しかし、どうやって、一昨年の岩崎正信のアリバイを崩すんだね?」
 と、桑田警部が困ったような顔で言うと、
「一昨年の時刻表を見ながら、アリバイが崩せるか検証したいと思います」
 と、高野内は言った。
 そして、高野内は、
「鶴尾、一昨年10月の時刻表を出してくれ!」
 と、鶴尾のほうを向いて言うと、
「わかりました」
 と、鶴尾は返事して、それから数分後、2011年10月号の時刻表を高野内の前に持ってきた。
「ありがとう。これで、アリバイ崩しができるか、調べてみよう」
 高野内は、張り切っていた。
 そのときの高野内は、岩崎正信のアリバイを崩したいという思いでいっぱいだった。

 10月20日の正午頃、高野内と園町は、東京駅分駐所に戻った。
 桑田警部が、
「高野内君、園町君、何か進展はあったかね」
 と、期待したような顔をすると、
「昼食後、八王子にある室野祐治のアパートに行ってみたいと思います」
 と、高野内は言った。
「室野祐治って、美ヶ原で殺された人物だろ。何か関係あるのかね?」
 と、桑田は、怪訝そうな顔をした。
「黒坂由利は、室野祐治からストーカー行為をされていたことがわかりました」
 と、高野内は、強い口調で答えた。
「じゃあ、室野祐治が殺された件に、安心感を覚えているかもしれないな」
 と、桑田が言うと、
「間違いなく、黒坂由利は、室野が亡くなって、ほっとしているでしょう」
 と、高野内は、はっきりとした口調で言った。
「で、高野内君は、八王子の室野のアパートに、何か手掛かりがあると、考えているのかね?」
 と、桑田は、入念そうに言った。
「そうです」
 と、高野内は答えた。
「しかし、現時点では、室野が黒坂由利にストーカーをしていた件と、8日に、『のぞみ218号』で、早崎裕允が殺害された件との関連性が見出せないのだが」
 と、桑田が納得いかなさそうな顔をすると、
「ですから、室野について、いろいろ調べてみたいと思います」
 と、高野内は、真剣そうな表情で言った。
「そうか。じゃあ、行って、調べてきたまえ」
 と、桑田は言ったあと、
「俺は、室野祐治が殺害された日時について、あとで長野県警に問い合わせて、確認してみるよ」
 と言った。
 そして、高野内と園町は、分駐所で昼食を済ませたあと、覆面車に乗った。
 運転するのは、高野内である。
 高野内運転の覆面車は、首都高速道路を通り、途中で、中央自動車道に入った。
 そして、八王子市に入ると、八王子第1出口で、高速道路から出た。
 それから、一般道を走り、八王子市内のある住宅街に入った。
 しばらくすると、2階建ての古い感じのアパートが見えた。
 高野内は、覆面車をアパートの前に止めて、高野内と園町は、車から降りた。
 そして、アパートのある部屋に向かった。
 その部屋のドアには、『室野』という表札があった。
 ドアは施錠されていたので、園町が、携帯電話で、管理する不動産会社に電話し、管理人に来て開けてもらうことにした。
 午後2時過ぎ、60歳くらいの男性が来た。管理人のようである。
 高野内が、警察手帳を見せると、管理人は、マスターキーでドアの鍵を開錠した。
 そのとき、管理人は、
「この部屋は、こないだも、警察の方が捜査のために来られましたね」
 と言った。
「どんな方でしたか?」
 と、高野内が聞くと、
「女性の警視と男性の警部で、2人とも、あなた方よりも若かったですよ」
 と、管理人は、はっきりとした言い方で答えた。
「そうでしたか」
 と、高野内は、微笑しながら言った。
「もしかすると…」
 と、園町は、高野内のほうを向いて言うと、
「間違いなく、あの2人だな」
 と、高野内は言った。
 高野内は、手袋をはめた手で、開錠されたドアを開けた。
 そして、玄関から中に入った。
 すると、高野内たちには、驚くような光景が目に入った。
 部屋の壁面中、黒坂由利が写っている写真が貼られているのである。
 ほとんどの写真が大きく引き伸ばされていて、業務中に撮影されたと思われるナース服姿の写真や、それ以外のときに撮影されたであろう私服姿まで、様々な写真で壁面が埋め尽くされていた。
 また、写真をよく見ると、どの写真にも、隅のほうに日付が入っていた。
「かなり常習性の高いストーカー犯だったようだな」
 高野内は、呆れた顔で言った。
 壁面に貼られた黒坂由利の写真を見ると、大半の写真はセミロングヘアだが、一部、ボーイッシュなショートヘアーの写真もあった。
「こうしてみると、ヘアスタイルが様々ですね」
 園町は、興味深そうに言った。
「3年間のうちに、何かあって、イメージチェンジしたんだろうな」
 高野内は、写真を眺めながら答えた。
 そのあと、壁面に貼られた写真の何枚かを、スマートフォンのカメラで撮影した。
「そこまで執拗に激しいことをされたら、黒坂由利も、室野祐治に対して、殺意を抱いても、不思議ではありませんね」
 園町は、真剣そうな表情で言った。
「園町も、そう思うか」
 高野内は、微笑しながら言ったあと、
「長野県の美ケ原で室野祐治が殺害された件と、新幹線『のぞみ218号』の車内で早崎裕允が殺害された件との関連が徐々にだが、見えてきた気がする」
 と、はっきりとした口調で言った。
 そして、高野内と園町は、管理人に礼を言って、覆面車で東京駅分駐所に戻った。

↑このページのトップヘ